本文へスキップ

島原の整体 腰痛、ぎっくり腰、肩こり、骨盤矯正なら! 出張も承ります!         電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0957-73-9371(完全予約制)

メールでのお問い合わせはこちら

サイトマップ

トリガーポイントについて

トリガーポイントとは

身体のあちこちを触ってみると硬いしこりや、押すと響くような痛みを出すところがありませんか?

おおまかにいうとそこが
トリガーポイントです。

「トリガー」というのは「引き金」という意味で、ピストルの引き金を引くと弾が遠くまで飛ぶように、
トリガーポイントができると、痛みをそこから離れた部位に飛ばすことから名付けられています。

これは神経の走行とは関係のない所に痛みを飛ばす為、
「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれます。

トリガーポイントが起こすこの
「関連痛」を理解し、どこから引き金が引かれているのかを見極めないと、痛む場所だけへの治療に終始することとなり、根本的な痛みやツラさは改善されません。

また、トリガーポイントは痛みだけではなく、だるさやイライラ、めまいや立ちくらみなど
自律神経系の症状も引き起こします。



関連痛とは

トリガーポイントの特徴として「関連痛」を引き起こすという現象があります。「関連痛」とは、トリガーポイントが離れた所へ痛みを飛ばして感じている痛みです。

その為、実際痛みを感じているところを押しても痛くないことが多いです。
なんか腰のこの辺りが痛いけどハッキリしないという場合などは関連痛の可能性が高いです。

遠くまで痛みを飛ばす例としてヒラメ筋のトリガーポイントがあります。ヒラメ筋はふくらはぎ
(下図の×の部分)にありますが、ここにできたトリガーポイントはなんと同じ側の頬(下図の赤い部分)に痛みを飛ばします。


まり、「頬が痛む」からといって頬の治療をしても痛みは改善せず、この場合ヒラメ筋のトリガーポイントを治療しないと頬の痛みは改善しないということです。



「関連痛」が生じ始めると、痛みを感じている領域の筋肉も影響を受け、新たに二次的なトリガーポイントが形成されていきます。またこのトリガーポイントが関連痛を起こし始めると、三次的なトリガーポイントが生じてきます。



このように痛みが痛みを呼ぶという連鎖が始まるので、痛みの元を早期に治療する必要があります。しかし、関連痛の概念がなければ痛む所だけの治療となり、痛みを起こしている元へのアプローチがなされないため、痛みが広がっていくことになります。

症状別トリガーポイントの一例

腰痛・ぎっくり腰

国民生活基礎調査によると、身体で困っている症状の第1位は腰痛で国民の約10%の方が困っていると回答しています。

腰痛というと腰や臀部(お尻)、そして背中で痛みを感じますが、この腰背部痛の多くは「関連痛」であることが多く、痛みを感じている所には原因がない事が多いです。腰痛がなかなか治らなくて困っている方が多いのは、この関連痛への対処がなされていない可能性があります。

下図は、お腹側の筋で身体を前に倒したり、脚を引き上げる時に働く「
腸腰筋」です。トリガーポイントがおへその横の×付近に生じた場合、痛みは背骨に沿って(一番左の図の赤い部分)で感じます。


ねこひげ整体院による腰痛やぎっくり腰について、腸腰筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

次の図はこれもお腹側の筋で「腹直筋」です。この筋の上部(胃の辺り)にトリガーポイントが生じると、肩甲骨の下部の背部痛を起こし(下図矢印1)、下腹部にトリガーポイントが生じると骨盤の縁に沿った痛みを起こします。(下図矢印2)

ねこひげ整体院による腰痛やぎっくり腰について、腹直筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

このように、腰痛だからといって腰の筋に原因がない場合が多く、腰部以外の筋もチェックして原因となっているトリガーポイントを見つけ、それを弛めることが痛みの緩和に繋がります。特に腹部の筋のトリガーポイントを弛めることはとても大切です。

また、腰痛の慢性化に影響するのが太もも裏側の「
ハムストリング筋」です。この強力な筋は下図の中央のように骨盤の坐骨に付いているので、この筋が緊張し短縮すると、骨盤の後面を引き下げることになり、腰や背部の筋に強い影響を与えます。


ねこひげ整体院による腰痛やぎっくり腰について、腹直筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】


坐骨神経痛

一般的に「坐骨神経痛」といわれる、お尻から足にかけて痛みやしびれ感が出る症状。これらの症状もトリガーポイントによる「関連痛」が原因で起こります。その場合、筋のトラブルを解消することで痛みやしびれ感を短期間で軽減することができます。

この坐骨神経痛といわれるような症状の場合は、腰痛に関わる筋の処理の他に臀部の筋のチェックと処理を行います。

それは、「
大殿筋」「中殿筋」「小殿筋」です。

主にお尻で痛みがあり、じっと座っていられないような症状の場合は「
大殿筋」に原因がある可能性があります。


ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、大殿筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】


主に仙骨の周囲を中心にお尻から太ももの外側面に痛みを感じる場合は「中殿筋」のチェックと処理を行います。

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、中殿筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】


太ももの外側面や後面、そしてふくらはぎから足首まで痛みやしびれ感が広がっているような場合は「小殿筋」のチェックと処理を行います。慢性腰痛に関わる筋と小殿筋の処理を行うと歩けないようなつらい症状が短期間で改善します。


ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、小殿筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

また、ハムストリング筋梨状筋のトリガーポイントも影響することがあります。


(ハムストリング筋のトリガーポイント)

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、ハムストリング筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

(梨状筋のトリガーポイント)
ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、梨状筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】


四十肩・五十肩

腰痛、肩こり、膝の痛みなど、どれもつらい症状ですが、その中でもなかなか治りにくいのが「四十肩・五十肩」です。腕が上がらない、手が背中に回せない、夜中に疼く、力が入らないなどやっかいな症状が起きます。

肩や腕を動かす筋にトリガーポイントが生じた場合「肩の痛み」「腕の運動制限」「関節の異常」が起こります。肩や腕の動きには様々な筋が関与し、互いに影響し合っているので一カ所を弛めれば改善できるという訳にはいきません。

しかし、「腕を上げると肩の横側が痛い」とか「腕を後ろに回すと肩の前側が痛い」など、どういう動作の時にどこが痛むかを確認することでトリガーポイントが生じている筋を推定し、対処することができます。特に肩や腕の痛みに関わっていることが多い「
斜角筋」と「棘上筋」は必ずチェックと処理を行います。

斜角筋は下図の一番右のように首の側面にある筋ですが、上半身の様々な症状に関与しているといわれるほど重要な筋です。


(斜角筋のトリガーポイント)

ねこひげ整体院による四十肩や五十肩について、斜角筋の説明
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】


棘上筋は下図のように肩甲骨上の小さな筋ですが、肩や腕に関連痛を発することが多く、肩や腕の痛みの際は必ずチェックしなければならない筋です。


(棘上筋のトリガーポイント)

ねこひげ整体院による四十肩や五十肩について、棘上筋の説明@
ねこひげ整体院による四十肩や五十肩について、棘上筋の説明A
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】



肩腱板の断裂は四十肩、五十肩の原因なのか?

※四十肩、五十肩で医療機関を受診して『肩腱板』に断裂が認められた場合(いわゆる「腱板断裂」といわれる状態)、これが痛みの原因だとされる事があります。肩腱板とは肩を動かす四つの筋腱(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の総称です。これらの筋腱は肩甲骨と上腕を繋ぐ役目を持ちます。

しかし、この腱板は加齢と共に変性断裂がみられることがわかっていて、
肩に痛みが無い無症状の人でも、50代では約25%に、65歳以上では50%以上に変性断裂がみられると報告されています。(日本整形外科雑誌第78号 第4項)

このような研究があるので、65歳以上の方が五十肩の症状で受診され、肩腱板の断裂がみられた場合、果たしてそれが原因だと言い切ることはできません。








腰痛や肩こり坐骨神経痛などでお困りの方、島原のねこひげ整体院へのお問い合わせはこちら









子育てに忙しいママにリフレッシュして頂くイベントです♪詳細は↑の画像をクリック!

クラブもっぱらしまばらに
加盟しました!

会員の方は初回来院時にカードを
ご提示下さい。おトクですよ♪
腰痛や肩こりなどその痛みやツラさ、もう我慢せんでよかです!でおなじみねこひげ整体院も加盟しているもっぱらしまばら
WEB版はこちらをクリック↓


ひまわりてれびで
ねこひげ整体院のCM放送中!

腰痛や肩こりなどその痛みやツラさ、もう我慢せんでよかです!でおなじみねこひげ整体院のテレビCMも放送中のひまわりてれび
ひまわりてれびで夕方6時から放送中の
「Let's 商 time」内で
当院のCMが流れています♪

腰痛や肩こりなどその痛みやツラさ、もう我慢せんでよかです!でおなじみねこひげ整体院が島原や猫の写真を毎日掲載しているブログねこひげカメラ
街ねこや風景など、ねこひげのアンテナにかかったものを映し出します♪








LINEでのご予約も承ります!
ぜひお友達になって下さい。
友だち追加数
お得な情報も配信します♪
〒855-0801
長崎県島原市高島2-289-2
TEL 0957-73-9371 (完全予約制)
メールでのお問い合わせはこちら